手帳

朝活を立て直すべく再び「朝活手帳」に手を出したはなし

ここ数ヶ月、ずっと続けてきた朝活がなあなあになってました。

早起き自体は習慣になってしまったので起きるには起きるんだけど、環境の変化がきっかけでボーっと過ごすことが増えたのです。
布団の中で延々丸まってたり、ストーブの前で丸まってスマホいじってるうちに時間が過ぎたり…

じゃあその分晩にやることやってんのかっつーとそれもできてない。
晩は疲れて脳ミソが働かんのです。
当然、自分のことは何もせず仕事だけしている毎日が続くようになりました。

これじゃいかん。

朝活手帳とは

数年前に朝活を始めた頃を思い出し、「朝活手帳」なるものに手を出しました。
朝活手帳は、池田千恵さんが考案した朝専用手帳です。

ちなみに池田さんが代表取締役を務める会社は「株式会社朝6時」という名前らしい。変わってる。

この手帳、実は以前もこのブログに出てきたことがあります。
ということで、今回が二度目の使用だったりします。

実は前に使ってた時は、早起きと朝活が習慣になってからは使わなくなってしまったんです。
なので結構早い段階でお蔵入りしたんだけど…

でもそれって今思えば、この手帳が効果大だったということ。

今回も迷わず手を出したというわけです。

仕様

B6サイズで全261ページ。厚さ約1.5センチ。
持ち歩くわけじゃないんで、厚さや重さは無問題。

普通の本と同じ製本なので手でおさえないと閉じちゃいます。
手帳と名のつくものはパタンと開いて欲しい…真ん中の辺りが書きづらくてしょうがない。

中身は池田さんの朝活コラムに手帳の使い方解説付き。
書き込むスペースは普通の月間ブロック、ウィークリー、月のまとめページとあります。

ウィークリーページ解説

このウィークリーページ、B6という決して大きくはないスペース内にわりと様々な情報を詰めることができます。

スッキリリスト

週のはじめに書くよくあるリスト。

  • 連絡したい人
  • 進めたいプロジェクト
  • 将来やりたいこと
  • 提出する課題
  • 読みたい本、資料

と、書いていきます。

ポイント加算式でモチベーションを上げる

30分を1ポイントとして、朝活で得した時間を集計します。
こうしてゲーム感覚で進められるのはいいですね。ちょっとめんどくさいけど。

朝限定の時間軸

これがこの手帳の一番のポイント。
朝活限定ですから、時間軸は4時〜9時まで。
(子どもの勉強用に、夕方の4時から9時にアレンジして使ってる方もいるらしい)

右側にはそのタスクを実行できたかチェックする欄もあります。

時間軸が5時間分しかないということで、B6サイズでも余裕を持って書き込めます。
行間は約4ミリ。

本日のカウント欄入

例えば朝運動してる人なら何を何分やったとかどんだけ走ったとか何回やったとか。
ダイエット中の方は(←私のこと)体重の記録とかでもいいよね。

朝の3行日記

日記は朝書いた方が良いってことで、昨日の日記を朝書きます。

脳みそ疲れてる晩より朝の方がポジティブですからね。これはほんとにそう。
寝ることでいろいろリセットされるんですよね。

最近は朝寒すぎて全然ポジティブじゃないけど…

朝活手帳式「時間管理のマトリクス」

「7つの習慣」でおなじみの時間管理のマトリクスですが、朝活手帳にも取り入れられています。
が、ちょっとアレンジされています。

  • 緊急で重要→食いぶち
  • 緊急ではないが重要→種まき
  • 緊急だけど重要ではない→日課
  • 緊急でも重要でもない→思いつき

言い方は大事というか、言い方を変えてみるだけでわりとしっくりくるところがある。

「逆算手帳」のコボリさんも自分流にアレンジされていて著書で紹介されていたんですけど、7つの習慣そのままのマトリクスでやってみるとちょっと分類が難しくて。
私も結局続かなかったんですけど。
これは自分なりにアレンジしてみることで、うまくいくかもしれません。

ちなみにここで大事なのはもちろん「種まき」
スキルアップの勉強だったり趣味のことだったり、この種まきの時間が多くなるほど良い。
種まきって言い方がいいよね。すごくしっくりきます。

その他、起床時間と睡眠時間の記入など

寝る前に目標起床時間と目標睡眠時間を記入。
翌朝起きたら実際の起床時間と睡眠時間を記入します。

寝る前には翌日の就寝目標時間も設定。
体調の記入欄もあって、充分ログの役割を果たしてくれる。

就業デッドラインは皆さん仕事を切り上げたい時間を記入してると思いますが、私は朝活の終了時間=出勤時間を記入しています。

月まとめページ

振り返りのページです。
先送りになったタスクを書いたり、お得ポイントを集計したり。

まとめ

まだ起きてない時間のスペースをTodoリストにして使ってる人もいるそうで。
工夫次第で、これ1冊で1日の予定管理を完結させることもできますね。

手帳は日付入りと日付フリー式の2種出てます。
私はなんか張り切っちゃって日付入りを買ったけど、続くかどうか心配な方や年の途中から始めてみたい方は日付フリーがおすすめです。
途中でやめてもまた好きな時に再開できるしね。

こうして朝活手帳を使い始めて、一週間が経過。
再び朝の時間を手帳だったりブログ書いたり、本を読んだりと使えるようになってきました。
って言ってるそばから今朝は寝坊しましたがね…

でもやっと、以前までのリズムを取り戻せてきたかなという感じ。
やっぱり朝の時間は大事です。

もうしばらく経ったら、朝活は資格取得の勉強になりそうです。
そしたら今よりもうちょい早い時間から活動できたらいいなと。
4時…4時起きは流石に仕事中眠くなるので4時半かな…

さあ頑張ろう。
では、また。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

Push

  1. コスメ

    【ファンデジプシー卒業(予定)】エスティローダー「ダブルウェア」使い始めました
  2. 暮らしと健康

    自己紹介がヘタすぎるので偏愛マップ作りました
  3. ガジェット

    ジブン手帳記入の補助に!全自動行動記録アプリ「Moves」を使ってみよう
  4. 手帳

    逆算手帳の「ウィッシュリスト」を埋めるためにやってみた5つのこと
  5. 暮らしと健康

    【断捨離途中経過】古本の処分!ネットオフの宅配買取を利用してみました
PAGE TOP