朝と夜の手帳タイムの流れ覚え書き

ここしばらくの間、朝と晩それぞれに行う手帳タイムの内容もほとんど変わりない状態で続けてきました。

続けてこれたということは自分的にやりやすかったということだと思います。
が、これがちょっと、これから少し変わってきそうなのです。
それが続くのかどうかはわかりませんが。

ということで、とりあえずうまく続けてこれた実例の記録として、この記事を残したいと思います。

夜の部

朝→夜の順が普通かと思うんですけど私の場合夜から朝に繋がる感じになるので、夜の部から紹介していきます。

夜の部の所要時間は約30分。

ログ記入

まずは1日の流れをおさらい。
使用するのはジブン手帳です。

ジブン手帳も使い道がなくなりそうで一時期焦ったんだけど(別に焦る必要はない)
やっぱりログ記入はジブン手帳が一番やり易くて、結局ここに落ち着きました。

書き方は以前と変わりませんが、手帳セラピーの5色使いをここにも取り入れています。
ペンの色ではなく、マイルドライナーで色分け。
緑→ワクワク、オレンジ→目標に向かった行動といった感じで。
この方がパッと見わかり易いので。

ガントチャートも以前と変わらず、体調の記録に使ってます。

ちなみにジブン手帳Bizを使っているので紙がMIOペーパーなんですけど、万年筆での書き心地も良好です。
マイルドライナーも裏に滲まないYO。

お金の使用記録

ほぼ日手帳weeksを使用。
書き方は以前このブログでもお伝えしました。

【別名:戒め手帳】ほぼ日手帳weeksが我が家で復活!支出管理手帳として活躍中

疲れてやる気ない時はサボります。
ですがこまめに財布からレシートを取り出すようになったので、財布がレシートでパンパンで閉まらないという事態はなくなりました。

嫌なことノート

使用しているのは、なんと昨年あんなに力説したブラウニー手帳w

【想像以上にすごいぞ良いぞ】ブラウニー手帳2017版ファーストインプレッション【追記あり】

 

まさか嫌なことノートに使われることになるとは…

真ん中のグレーのゾーンにその日起きた嫌なことを。
その左右に改善策を書いています。

嫌なことノートは本来、改善策を3つ書き出します。

「嫌なことノート」でストレスフリーに生きるヒントを探してみよう

ですがこの3つ目がなかなか思い浮かばなくて大変なのです。

今、改善策を2つにしたことでだいぶラクにやれています。
これが良いことなのかどうかは…どちらかと言えば良くないのかも。
でもあんまり考えて考えて時間をかけてしまうと、辛くて毎日続かないしな。

疲れていてしんどい時は、嫌なことだけを晩のうちに書き出して改善策は翌朝書くようにしています。
疲れてる時はなかなかポジれないですからね〜。
改善策なんて考える気持ちになれない。

無理にその日のうちに書くよりは、明日に回した方が良いなと。

未来宣言チェックとプチ内観

最後に、週の初めに設定した未来宣言が叶ったかどうかのチェック。
と、プチ内観を幸せおおとりよせ手帳に書き込みます。

手帳セラピーを実行するための「幸せおとりよせ手帳2017」を使い始めたら思いの外楽しくやれてるおはなし

 

プチ内観と嫌なことノートの内容って被るんじゃないのと思われそうですが…

被ります。

でもこっちのプチ内観は嫌なこととは限らないですからね。
まあでも、嫌なこと→明日はこうする、がやっぱり多いので被るよ。
この辺、課題なんだよなあ。

よし、ここまでやったらお布団入ります。

朝の部

所要時間は20分…かかるかかからんかくらい。

最近は5時半くらいに起きてるので(最近体がしんどくて寝坊することもしばしば)
6時頃までやって、そこからハルさんの世話、洗濯等に行動を移します。

起きてすぐ、ストレッチと3分瞑想を。
これで頭と体をスッキリさせます。
起きてそのまま机に向かっても頭がまったく働きません。
その後ハーブティーを用意して、手帳タイム開始です。
と言っても、朝はそんなにやることがない。
時間が余れば本読んだりネットしたりです。

予定の書き写し

すいません、モザイクかけるのがめんどうなので白紙の写真ですけど…

ウィークリー(幸せおとりよせ手帳)からデイリー(フランクリン・プランナー)へその日の予定を書き写します。
予定を見るだけより書きながら確認した方が頭にも入っていく気がします。

システム手帳に入っている「次にやることリスト」も確認。
今日できることがあればこれもデイリーページに移します。
次にやることリストは紙をケチりたいので付箋を使用。

まとめ

こんな感じでやってきたんですけど、一番大事なことはズバリ

「やる気がない時はやらない」

…と言っても夜のログ記入と朝の書き写しは嫌でも毎日やってるんだけど。
(私にとってはやらんといけない仕事と同じようなものなので)

とにかく続けていくことが第一なので。
無理しないが一番。

さて、これから一体何が変わるのかという話ですが。
やり方というよりもツールが少し変わりそうなのです。

ツールが変わればやり方も多少変わってくるだろうから…

同じこと二回も言っちゃうけどそれが果たして自分に合うかどうか、続くのかどうかはまだ未知数です。
しかし新しいツールを使うのもやり方を変えてみるのも結構ワクワクするね。
なんでも楽しくやりたい。

もし続かなければ、もう一度このやり方に戻って練り直してみます。