パステル系のペンを買うと黒地のノートを使いたくなる…PILOT「ブラックノート」

先日、juice UPのパステルカラーとメタリックカラーもムダに買ってしまったのえ(@noebox)です。

 

メタリックカラーはともかく、パステルカラーのペンを買うとやっぱり黒地の紙やノートが欲しくなるのは自然の流れなのです…

意外に少ない!黒い紙のノート

いろいろあるだろうと思い探してみましたが、実は選べるほど種類はないようで。
これはちょっと意外でした。

エトランジェディコスタリカ ダブルリングノート

こちらは黒い紙✕無地。
リングノートです。

うーん、無地かぁ…
ニーモシネみたいにマインドマップに使うとかなら無地の方が都合がいいんですが。

基本はやっぱり罫線か方眼の方が個人的には良いんだよなあ。
うーん…保留。

黒いメモ帳

こちらはノートではなくメモパッド。
いくつかサイズがありますが、B7リング以外は50枚入りです。

机の上や冷蔵庫に貼っとくメモが黒い紙だと途端にオシャレ度が上がらないか?ふふふ。
紙は最厚口を使用しているので、メモ立てに立てておいてもペランとならなさそうだし雑に手帳や財布の中にしまってもぐちゃぐちゃになりにくそう。

ちょっと惹かれました。が…
待てよ。私はノートが欲しいんだった。

これも保留(って言いながらそのうちに買ってそう)

juice UPのためのノート?PILOT「ブラックノート」

ブラックノートってそのまんまのネーミングですが…
こちらはjuice UPと同じくPILOTから出ている黒地のノートです。
B5サイズでドット方眼のノートと無地のノートパッドの2種類。

そういえば前にロフト行った時にjuice UPのパステル&メタリックカラーの横にこのノート置いてあったぞ。
セットで使ってくれよな☆ってことね。

うむ。ではこれにしましょう!

表紙も裏表紙も中の紙も真っ黒!

中身は24ページ。
しばらくの間はやたらとページ数の多い厚めのノートばかり使っていたので、こうゆう薄めのノートは久しぶりです。
紙は結構ペラペラな感じですが裏写りはしないですね(黒地の紙で裏写りとかあるのかどうかわからんけど)

ドット方眼はグレーで主張も強くなく、普通に文字を書くのはもちろんですが表やグラフも書きやすい。
ちなみにドットとドットの間は7ミリで余裕のある大きさ。パステル系のペンは少し太めが多いのでこの余裕はその辺も計算されてるのかな?

パステルカラーとメタリックカラーで書いてみよう

juice UPのパステルカラーとメタリックカラーを使用。

 

書いてる最中は「なんか色が薄いか?」って気がしますけど乾けばしっかり色が乗ってくっきり見えるようになります。
メタリックカラーは光に当てるとギラギラして目が痛いかなと思いましたが意外とそうでもない。

 

ちなみに白い紙に書いた時のものがこちら。

やっぱり黒い紙に書いた方が色が映えて見やすいね。
メタリックカラーは特にそうですね。

ちなみにこの記事の一枚目の写真で使ってるペンはシグノの太字。
これは昔からあるし持ってる人結構多いのでは?

一度インクが全然出なくなって数年間放置していたんですが、これのために久々に出してみたら普通に書けた。
不思議だ…

それにしても、こうして書いていると学生時代の黒板を思い出しますね。
このインクの色といい、なんだかチョークで書いているような懐かしい気持ちになりました。

黒地にパステルカラーは目にも優しいよ

パソコンの画面が明るい白より暗めの黒い画面の方が目が疲れないのと同じで、普通の白の紙よりもこちらの黒地の紙の方が目に優しいような気がします。

白い紙に黒いペンで書くと、ちょっと目がチカチカしませんか?
私も白い紙✕黒インクはちょっと目が疲れる気がするので、黒ではなく濃紺のインクを使うことが多いです。
あとはクリーム色の紙やノートを使ってみたりとか。
(と、いいながら最近は鮮やかな白い紙も好きだったりするんだけど)

黒地ノートの見た目と優しさにすっかりハマってしまいそう。
パステルカラーやメタリックカラーのペンはいろんなところが出してるので、ノートの種類ももっと増えるといいのにね。

おーっと!
黒い紙の手帳を見つけてしまった…

http://trdiary.archalle.co.jp/

ノートもありますね!ちょっと高いけど。

手帳、となると黒い紙のものは果たして実用性があるのかないのか?
メイン使いとなるとその辺微妙ですがなにかひとつの用途に特化させればこれは有りなのでは?
来年分も出ますかね。うーん、また欲しい手帳がひとつ増えてしまった…

では、また。