MarkDownエディタのBywordが大変に素晴らしい件




ブログの下書きをMarkDownで行うべく、右往左往としております。

今回見つけたByword。
有料、しかも安くはないということで迷ったんですが、使ってみなきゃわからない!
ということで思い切って購入しました。
全部英語だけど大丈夫。英語音痴な私でもなんとかなってます。

結論。即プレミアムモードに課金しました

見た目はシンプルでありながら、実は高機能です。
アプリの値段は現時点で1,400円。

ブログの下書きをするだめだけに1,400円も払うのは悩ましい。下書きのアプリを選ぶ基準はEvernoteと連携できるかどうかが重要なわけですが、その連携のためには更に課金が必要です。

プレミアムは480円。失敗するのは痛いので、しばらく使ってみてから決めるつもりでした。

しかし、記事をひとつ、途中まで書き終えたところで私は無意識のうちに課金していたのです。

とにかく見た目が良し

超シンプル。
全画面にすると完全にエディタのみの画面になります。

余計なものが全く目に入らないおかげで打ち込みに集中できます。

画面の色は白と黒と選べます。これはお好みで。
私は白に黒文字だと少々目が痛くなるので、黒に白文字で使っています。

ちなみにフォントはヒラギノ明朝Proを選んで使用。スタイリッシュになっていい感じ。
使用するフォントによってはバグが起きることもあるみたいなので、最初のフォント選びには注意が必要です。

ショートカットを覚えて作業を更に高速化!

ショートカットキーを覚えると更に作業が早くなります。
こちらにショートカットキーの一覧が記載されています。ありがたい。

whiskers.nukos.kitchen

私はまだプレビュー切り替えとリンクと画像の挿入と改行くらいしか頭に入ってない。
脳ミソの容量が足りない…

課金でEvernoteやその他ツールにパブリッシュが可能

同期はiCloudでできるので問題なし。
これでどの端末からも執筆作業できるようになります。まだiPhone版は買ってないけど。

パブリッシュできるサービス

  • Evernote
  • Tumblr ←使ってない
  • Blogger ←使ってない
  • Scriptogram ←使ってない
  • Blogs ←使ってない
  • WordPress ←使ってみたい ←

Evernoteしか使ってないんだけど…いいんです。

余談ですけど、撮影日記を独立させたいって話を前にしましたけど、Bloggerを使ってみるのはどうかな?と考えています。Bywordから直接パブリッシュできるしね。
というのも、はてなで複数のブログを持つのは、デメリットがあるようなのです。

drummania.hatenablog.com

私ははてなで映画ブログもやっている(更新はしていないので正確には置いてあるだけという感じ)ので、プロフィールアイコンが同じということはわかっていました。
しかしこちらの記事を読んだ感じ、ブログを別々で運営したところでコミュニケーションの面から考るとあまり意味がないんじゃないのかな?とね。

やるとなると、少々面倒なことになりそうだ。めんどくさいのはイヤだ。

もはや別サービスで始めるか独立をやめるかの二択です。

慣れないうちの注意事項

今まさに私がまだ使い慣れていない状態で少し四苦八苦しております。これだけ絶賛しておいて使い慣れてないとか言うのも何だけど。

とりあえず、ここまで使ってみて私が困りに困ったことを挙げてみます。

改行の際には注意が必要

余分な改行が入り込むと、挿入したはずの画像が表示されなくなります。

これはおそらく段落として画像を挿入するとダメということだと思うんだけど、そこを直しても改善されないことがある。
どうゆうことなのかわからない。もしやこれがいわゆるバグというものですか?
とにかく謎。

Evernoteにパプリッシュ→はてなブログへ読み込む際の注意点

こちらもやはり、改行がおかしくなっているとエラーになりパブリッシュできません。

プレビュー画面では何の問題もなさそうなのに、パブリッシュしようとしたらこのエラー画面です。画像ではspan要素がおかしいよみたいな事なんですが、ここがemだったりfigureだったりする。

最初は「はー?なにこれ」だったけどエラーが出てる要素周辺の改行部分を見直すとだいたい解決できました。
段落と改行は切り替えの扱いが違うのでその辺りの兼ね合いなのかなと思うんだけど…こうゆうのはあんまり詳しくなくて、正確なことはわかりません。

とにかく全部書き上がってからエラーになった時のショックは計り知れませんので、慣れないうちはこまめにパブリッシュしてチェックすることをオススメします。

まとめ

機能としては、他には段落にフォーカスして打ち込みができるフォーカス機能、打ち込んだ文章がどんどん上へ上がっていく(つまり、今打ち込んでる部分が常に真ん中に来るようになる)タイプライタースクロール 等、とにかく打ち込みが楽しくなる機能が嬉しいです。
私も今これをタイプライタースクロールで書いてますが、新鮮で楽しいです。

これからもっと使いこなして、快適な執筆作業タイムを過ごせるようになればいいなと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で