Evernoteでブログの下書きするのをやめちゃったおはなし

しばらくの間、Evernoteにてブログの下書きをしていました。
それもあってかついに容量オーバーに陥り、結局アップグレードしたわけですが

最近はまた、普通にはてなブログのエディタに直接下書きをするようになりました。

Markdown記法を覚えてしまったことが始まり

はてなブログを始めてからうっすら興味を持っていたMarkdown記法。
なんか難しそう…と思い敬遠しておりましたが、一度覚えたらまあラクちんなこと!

qiita.com

ほとんどマウスに手をやることなく書けるので、とにかく時間短縮になるのです。
最初はサンプル集を行ったり来たりで逆に時間がかかっていましたが、慣れてしまえば簡単です。

これはMarkdownでブログを書かない理由が見つからない。

Evernoteのメリット・デメリット

もちろん最初は見たままモードで書いていたので、Evernoteで事足りていました。

【メリット】

  • 下書きがそのままバックアップになる
  • 文章を書きながら画像のモザイク、文字入れ処理ができる
  • はてなブログにそのまま読み込める

以前は別のアプリやソフトを使用して画像を処理し、また保存し直すという手間がかかってました。
Evernoteは画像貼り付けてそのまま処理が可能です。
これが、Evernoteでブログを下書きするにあたっての一番のメリットでした。

もちろん、そのままはてなブログに読み込めるという点もよかった。というかこの機能がなかったらEvernoteで下書きしようとは思わなかったでしょう。

【デメリット】

  • 写真がはてなフォトライフにアップロードされる
  • Markdownが使えない

ここは一応写真ブログも兼ねているので、はてなフォトライフにアップロードする形で画像を貼り付けているとあっという間に容量オーバーになります。

そして、なまじっかMarkdown記法なんてものを覚えてしまったばっかりに、Evernoteでは足りなくなってしまったのです。
Evernoteは簡易的な記法には対応しているものの、肝心の見出しのタグには対応してなかったりする。
どうせやるならまるっとMarkdownに対応してしまえばいいのに…

救世主アプリ「Marxico」が現れた!

そんな悩みを解決してくれたのがこちら。
これって何て読むの?メーキシコなの?マーキシコなの?

nelog.jp

どんなもんかというと、Markdownで書いた文章をそのままEvernoteに移せるという、目からウロコのアプリなのです。

見出し、リスト等も全てこの通り、しっかり同期されます。

で、これをこのままはてブロに読み込めばOK。
EvernoteでMarkdown使えない問題はこれで解消!

ところが。

ある日突然、悲劇が訪れたのである。

Marxicoを無料で使えるのは10日間だけだった…

いつものようにMarxicoで下書きをし、Evernoteと同期しようとしたところ、エラーになりこんな画面に誘導された。

下の注意書きをご覧いただけましたかね。
ここから先はどうやらお金がかかるらしい…

ファイルとして保存することは今後も可能ですが、肝心のEvernoteとの同期は有料登録必須です。
日本円で約1,630円くらいですか?
うーん、お金を払ってまで使うほどでもないかなあ。
かと言って無料版の機能だけでわざわざ使うほどのメリットもない。

ついでに不満を言わせてもらうと、Evernoteに同期できるのはいいんですけど、その後Evernote側では一切編集できません。
そうでなければ有料にしても…ちょっといいかなあって思ったんだけど…

なんだかんだではてブロのエディタが一番ラク

まあ結局こうなるんですわ。

Markdown用のエディタがある

そう、あるんです。
改行等がそのまま反映される「見たままモード」「はてな記法モード」そして「Markdown記法モード」の3種類から選べるんです。ちなみに私ははてな記法はさっぱりわかりません。
Markdown記法は右側にリアルタイムプレビューを出しながら書いていけるので、プレビュー確認に時間がかかりません。
普通にプレビューを出すと、読み込みに時間がかかったりしてちょっとストレスなんです。

Googleフォトから写真を呼び込める

写真が多い為、はてなフォトライフの無料容量では足りません(実際足りなくなった)。
Googleフォトの貼り付けならフォトライフへのアップロードはしなくていいので安心です。読み込みの時間もかかりませんし。
あとflickrも使える。flickr、また使ってみようかなと検討中。
こないだ久しぶりにログインしたら、昔に比べてだいぶサクサク動く印象を受けました。

過去記事やはてブ、商品紹介の貼り付けを確認しながら記事が書ける

Evernoteで下書きをしてる時に不便のひとつだったのがこれです。
「貼り付けた」と想像して書かないといけないんですが、実際貼り付けながらでないとうまく文章を書けないんです。これは私の脳ミソレベルが低いせいかもしれませんが。
はてブロに読み込んでからリンクを挿入しないといけなくて、そこからまた文章を変えたり…
結局、二度手間になってたんでうしょね。

もう最初からはてブロのエディタで書けばいいじゃん、というところへ辿り着いたわけです。

もちろんデメリットもある

オンラインでしか使えない、画面が小さい等、不満もあります。そうでなかったら最初からおとなしくはてブロのエディタでやってますという話です。

オンラインでしか使えないのは正直、痛いです。
パソコンはだいたいいつも持ち歩いているけどモバイルルーターはお金がないので持っていません。死

編集画面が小さいのも、こんな文章だらけのブログだとちょっと厳しい。

と、いうことで。

また新しいものを見つけてきました…

ringobito.com

こちらの記事が書かれた頃は1,000円だったようですが、現在は1,400円ですねおっとっと…

Byword

Byword

  • Metaclassy, Lda.
  • 仕事効率化
  • ¥1,400

Evernote等と連携する場合は更に課金が必要とのこと。
こちらは無料版はありませんので、ちょっと検討したいと思います。

探してみると他にも色々あるんだなあ。