ハルさん、来月で8歳になる




体重の変化も特になし。
また15日15日で様子見て、何事もなければまた月1の通院に戻る予定。

そうして様子を見ている間に9月15日が来る。
この日、ハルさんはついに「壁」と言われる8歳の誕生日を迎えます。

仕事の日は昼休憩で自宅に戻って様子を見てご飯を食べさせたり、休日は最低限の用事を済ませる以外は自宅に篭りハルさんと一緒にいます。
なるべく様子を見る時間の間隔が長く開かないように。

まあ今の調子なら昼間私がいなくても別に大丈夫かなーっとも思うんだけど、戻らなければ戻らなかったで

「どうしてるかな」とか
「ご飯ちゃんと食べてるかな」とか
「具合悪くなってたらどうしよう」とか
「ハンモックう◯こまみれになってないかしら」とか

などなど、結局気になって落ち着かない。

仕事の時にいちいち家に戻って世話するのは正直言ってちょっとしんどいですが、自宅に籠もるのはそんなに苦にはならない。元々インドア人間なので。
それならそれなりの楽しみを見つけてやっていけます(と、思う)

副腎腫瘍を患い約1年半、インスリノーマを患い8ヶ月。来月8歳になる高齢者。
…年と病気の割には相変わらず身体がでかいしよく遊びます。古い家なので高めの段差がたくさんあるんだけど、そこもまだ自力でなんとか上がれる(時々ケツから落ちてるけど)

この生活、いつまで続くのでしょーかね。主も頑張ります。
では、また。