自己満足ではてなブログをProにした!勢いで独自ドメインも…




先日、ついにはてなブログのPro(有料)にしてしまいました。
ついでに独自ドメインも。

こんな弱小ブログでProにする必要があったのかというと無いっちゃ無いんですが。

  

Proにした3つの目的

変なとこに広告出るのが嫌だ 

これは無料サービスを使うならば仕方のないこと。
よく無料Appのレビューとかで「広告が嫌」ってコメントも見かけますが、無料で使わせてもらっておいて広告も我慢できんのかという話です。

…という私も、無料のブログに表示される広告はやっぱり嫌がっていたクチ。
今までFC2とかアメブロとかエキサイトブログとか使ってきて、まあだいたい表示されるのは記事下ですよね。
この広告のこの位置がずっと嫌で何度有料にしようと思ったか。でも広告外すだけで有料にするのも勿体無いじゃん。

でも今回、記事下にシェアボタンとか置きたい…ってなった時に、どうしてもシェアボタンとかの上にこの広告が表示されるもんで「邪魔だー!!」と。  
 

スマホのデザインいじれんのが嫌だ

はてなブログはProにしないとスマホのデザインはいじれない。
レスポンシブにすればいいんですけど、置きたいパーツやヘッダー画像によっては、レスポンシブにすることによってガッタガタに崩れるわけです。

ヘッダーは途中で切れてるしソーシャルボタンもガタガタ。

先日あれこれカスタマイズしていたわけですが、スマホのデザインをいじれないってところで途中でかなりくじけそうになりました。

「こんなに苦労するくらいならもうお金払う…」  

あっ。
記事と関係ないけどスクショ画像に枠をつけるという技を身につけました。

iro-toridori.net

ありがとうございます!

独自ドメインとか憧れてた

これもはてなで始める以前からずっとやってみたかったこと。でもお金がかかるので躊躇していました。
せっかくProにしたんだし、どうせならついでにやっちゃえと。勢いです。 既にこのブログは独自ドメインに設定してあります。

どこで取るか悩みましたが、結局ムームードメインにしました。

今から10年以上前のことですが、ここのロリポップレンタルサーバーで趣味のホームページやってたんですよ。

それもあって個人的に信頼できるというサービスということで、選ばさせていただきました。

独自ドメインに切り替えると一時的に検索にかかりにくくなるという話もよく目にしますが、うちはそうでなくてもPV数少ないですからね。
減ったところでたかが知れてるし、この問題については特に気にしてません。

しかし実際のところどうかというと、独自ドメインに切り替えた翌日、翌々日もPV数は特に変わらず(むしろちょっと増えた)、検索で来てくださる方も増えました。
たまたまかもしれませんが。

別にPV数減ったってまた頑張ればいいじゃん。
うだうだ言ってないで今までどおり楽しく好きな記事を書けばいい。
でも稼ぐためにブログやってる人にとってはPV減るのは痛いか… 
 

と、こんな感じで大したことない理由ばっかりでね。
こうゆうのを自己満足と言います。

いいじゃん!趣味だもん自己満でいいじゃん!  
 

どうせならついでにGoogleアドセンスに申し込もう、と思ったが…


10秒ほど読んだところで心が折れる。

と、いうよりもここまでして頑張る理由が自分の中に見つかりませんでした。
アドセンスやりたくてProにしてドメインを取ったわけではない。
「そんなに軽い気持ちな奴はお断り」ということですね。

これまでどんなブログでも無料だろうが内容がどうだろうが審査を通してしまっていたことが反動となり、今じゃどんどん厳しくなってきているそうです。

もちろんブログにかかるお金をブログで賄えればそんなに良いことはないしブログでいっぱい稼ぐ生活は正直憧れてますけど、とりあえず今これをやるのはしんどいです…。

もっと簡単に登録できる「忍者AdMax」

クリック型広告はGoogleアドセンス以外にも色々あります。

そういえば忍者ブログとか忍者のアクセス解析とか昔使ってたなあ。
早速登録してサイドバーに貼り付けてみました。

 

とりあえず1年コースで

Proにする際、3つのコースが選べます。

1ヶ月では短すぎるし、2年続くかと言われるとちょっと不安になるところ。
2年コースが一番お得ですけど、続かないともっと勿体ないのでとりえあず1年にしました。
ところが登録の際、自動リチャージ設定の件でとんだ落とし穴が…
これについてはまた近いうちに。  
 

兼ね満足、今のところ後悔は無し

無駄遣いと言われればそれまでですが、Proにしたことでブログのデザインにも自由性が出たし、独自ドメインにしたことでこのブログが自分だけの特別な場所感もプラスされて、それだけでも満足しています。

今後も楽しく、どこかの誰かの参考になればいいなと願いつつ更新していきます(この記事は誰の参考にもならなさそうだけど)