憧れの連用日記!おおきいほぼ日5年手帳開封の儀

連用日記に興味はあったものの、続かなかった時に勿体無いなと思ってこれまで一度も手を出したことはありませんでした。

しかしここ2年くらい、昨年分の手帳や日記は押入れの方へすぐしまいこむようになってしまい、「これって去年はいつ頃やってたんだっけ…」となった時にいちいち押入れから探したりしていて、これが非常に面倒だった。
例えばこの時期なら、ストーブいつ出したっけとか、ババシャツはいつ頃から着始めたんだっけとか…

そこで連用日記です。
日記としてというより、やったことの記録として使っていけば、これは便利なんじゃないかなと思ったのです。

さて何を使いましょう。
いや、ここはやっぱりね。元ほぼ日手帳ユーザーとしては。ね!

ほぼ日5年手帳(大きい方)

ほぼ日5年手帳は昨年(今年分と言った方がいいか)より新しく出たほぼ日手帳シリーズのひとつ。
5年連用日記です。

ほぼ日5年手帳ラインナップ – ほぼ日手帳2019

今年分はA6サイズしかなかったようですが、来年分からA5サイズが登場。
「要望が多かった」とのこと。その名もおおきいほぼ日5年手帳。

私はこのおおきいA5サイズを購入しました。

開封&中身チェック

おなじみの黄色い箱の中に…

お試し書き用の用紙!(もちろんトモエリバー)スペースチェック、どんな感じで使っていくかなど、本文に書き出す前に練習することができます。地味にありがたいです。
相性の良いペンや画材を確認するのにもいいですね。

手帳本体はシックな茶色の表紙。
ゴールドの文字で高級感があります。日記って感じがします。

背中もシンプルで厚みは約2.5cm。思ったより分厚くない。

メインページ

左側が日記スペース。右側がメモスペース。
余計な装飾はありません。日付と年、曜日のみ。

メモページの下にはおなじみの「日々の言葉」
これは要らないって言う人が多いですね…私も正直、これにも付いてるんかいと思ってしまいましたが…
でもたまに面白いことも書かれてるんで…

方眼はほぼ日手帳と同じ3.7ミリ。
紙は先ほども書いたようにトモエリバーですし、どんな筆記具を使うにもそんなに心配いりませんね。ジェットストリーム以外は…

巻末オマケページ

オマケは最低限に、よくある無駄なメモページも省くことで本体の厚みも抑えられてます。

  • 1年のまとめ(1年につき1ページ)
  • 贈り物リスト
  • アドレス帳
  • リスト(4項目分)
  • 人類史年表

贈り物リストはありがたい!
1年用の手帳に書くよりもこっちに書いた方が実用的では?次の年に見返したいことも多いでしょうから。

何故おおきい方を選んだか

私がほぼ日5年手帳を選んだのは、決して「元ほぼ日ユーザーだから」というだけではありません。決め手はやっぱり、メインのメモページです。

冒頭では「やったことの記録を書きたい」と述べましたが、どうせ書くなら普通に日記として、思ったことや感じたことも書きたい(というより書いてしまうと思う)し、絵が描きたくなることもあるかもしれないし、なんなら撮った写真やその日手に入れた画像なりなんなりも貼りたい(オタクだから)

絵なんて描いたら、1年〜5年間での成長具合なんかもわかるわけですもんね。
想像するとちょっと楽しいね。

しかしそんなことになると絶対A6サイズでは足りなくなる。なんせ5年分が1ページに溜まるわけですから。
絵描きさんやデコ好きさんが多いほぼ日手帳、「でかいサイズが欲しい」の声が殺到したのも、わかるわかる。

こんな人にオススメ!

ほぼ日手帳は通常1日1ページでA6サイズとA5サイズとありますが、そのスペースの広さに挫折する人も多いのではないかと思います。
手帳には空白があってもいい!とはよく言うものの、実際空白がずっと続くとそのままやる気がなくなるという人も多いでしょう。デコったりなんだり気合い入れてやってると、余計そうなるんですよ。

5年手帳はA5サイズでも5年1ページ。1度に書くスペースはそこまで広くはありません。

たくさん書く自信はないけどほぼ日シリーズは使ってみたい、日記として使うので持ち歩きはしない、という方はこっちの連用日記を使ってみるのも良いんじゃないかと思います。

ひとつの日記帳と、5年のお付き合いなります。
5年もあれば、途中で書き方が変わることもあるでしょう。
空白が目立つ日々もきっとありましょう。
そういう5年間の自分の気持ちの波、変化がこの1冊でわかるようになるというのは、今から非常にわくわくします。