非加熱はちみつとはなんなのか?と調べてみたらアーユルヴェーダとかなんだか難しいところへ辿り着いてしまった件

先日、ブログでご紹介したサントーシマ香先生の著書「夜のヨガ」

サントーシマ香先生の「疲れないからだをつくる夜のヨガ」が読むだけで癒やし効果抜群な件

こちらの本に載っていた「ターメリックラテ」とやらを作ってみようと、材料を揃えることに。
そのレシピの中に「非加熱はちみつorきび砂糖」の文字が。

きび砂糖はわかる。

非加熱はちみつ。非加熱…?

はちみつと非加熱はちみつの違い

私、あんまり料理しない(できない)もんですから食材にも疎いです。
しかしはちみつは好きで、必ず自宅に常備しております。でも「非加熱はちみつ」なんて知らない。

私が普段買っているはちみつと何が違うのか?調べてみました。

というより、ちょうどはちみつを切らしていたのでいつも行くはちみつ屋さんに行ってきました。
そこで聞いてみよう、と。

その名のとおり、「加熱」されていないもの

普通に売られているはちみつは加熱されているものだそうで、純の「生はちみつ」ではないそうです。
そもそもはちみつが加熱されるものとも知らなかった私…無知過ぎる。

非加熱はちみつとは、糖分濃度が80%以上あり、そこへミツバチの唾液に含まれる酵素類が加わり二糖類からブドウ糖と果糖の単糖に分けられたもの。
蜜の水分はミツバチの体温と羽ばたきのみで飛ばされています。じっくりじっくりと。

対して通常売られているはちみつは、こうした手間を省くために機械的に加熱して水分を飛ばしているそうです。

が、加熱する理由は手間省きのためだけではありません。
加熱処理をして殺菌する。加熱処理をして容器に入れやすくする(加熱しないとすぐに固まってしまう)
そうゆう理由もあります。

私がいつも行くはちみつ屋さんには、「非加熱」のはちみつは置いてありませんでした。

お店の方曰く、
「養蜂場に直接行けば手に入るかもしれないが、通常は殺菌のために加熱処理をする。
ここで売ってるものはギリギリの低温で処理をして審査を通ったもの。
全く加熱しないとなると菌がそのまま残ってしまうので、「非加熱」と呼ばれているはちみつが良いかどうかというのははっきりとは言えない」

良いかどうかはっきり言えないというのは、おそらく「非加熱」と謳ってはちみつを販売しているお店もあるからだと思う。
あんまり菌が菌がって言うと他所の営業妨害になるかもしれないしね。

あとは、殺菌されていないということで「非加熱」のはちみつを食べて体調を悪くしても制作・販売側は責任を取れないよという意味もあるのかなと。
赤ちゃんは普通に売られてるはちみつ(つまり加熱処理済み)もダメだしね。

加熱されてても甘味料としては問題ない?

加熱すると殺菌でき、容器に詰めやすくなるってことですが弊害ももちろんあります。
加熱することにより、はちみつが本来持つ栄養素は失われ、はちみつ独特の香りも失ってしまう。

▼はちみつの加熱処理に注意!▼
http://hatimitu.zouri.jp/hati/1.html

但し、味自体は変わらないので栄養がどうとか気にせず砂糖の代わりと思って使う分には全然問題ないと私は解釈しました。

そもそも私も何でいつもはちみつを使ってるかというと、砂糖よりはカロリー少ないだろうっていうだけの理由であって健康に良い悪いはあんまり気にしてませんでした。

何故「非加熱はちみつ」を使うのか

今回私が購入した「夜のヨガ」に限らず、この非加熱はちみつってのはヨガやアーユルヴェーダ関連ではかなり高い確率で出てくるらしい。

「非加熱」でなければいけないのです。
何故なのか。

それは「アーユルヴェーダ」と「はちみつ」に深い関わりがあるからです。

アーユルヴェーダってなんだよって話ですが、インド大陸の伝統的な医学です(世界三大伝統医学のひとつだそうな)
初心者さんにも分かりやすい♪「アーユルヴェーダ」でバランスのとれた健康な体に | キナリノ

…って、私もイマイチよくわかってないんだけど。

このアーユルヴェーダでは、はちみつは食べ物というよりも薬としての位置づけになっているようです。
但し、普通の過熱されたはちみつではダメなのです。

加熱されたはちみつ=毒素(アーマ)が出て、体に溜まって良くないから。

ということは、非加熱はちみつを買ったところであつ~いコーヒーや紅茶に入れたらアウト、料理に入れて加熱するのもアウトです。
さらに、風邪等で熱がある時もアウト。
さらにさらに、夏場は暑くて置いとけないからアウト。置いとくだけでアウト!

「ギー」との組み合わせが最悪

本のレシピには、材料に「ココナッツオイルまたはギー」ともありますが、なんと非加熱はちみつとギーは一緒に食べてはいけないらしい。
ギーってのはインド料理によく使われるバターオイルのことですが。

「一緒に食べたら死ぬかも」とか言われるくらい最悪の組み合わせらしい。
これ、知らんでおったら非加熱はちみつとギーと買って一緒に混ぜちゃうところだったよ。危ない危ない…

ちなみに先の方でも書いたけど、はちみつの加熱は栄養素がぶっ壊れて健康には何の効果もなくなるってだけで、ほんとに毒になって身体を悪くするとかそうゆうわけではないと思う…もしそうなら普通に売られてるはちみつでみんな身体を壊してしまってるのでは?
別にアーユルヴェーダとか気にしてなければ、ギーとの組み合わせも気にしなくてもいいことなのでは?

と、思ったけど、やはりガスが溜まるだとか消化不良を起こして病気の素になるなんてな記述を見ると…

アーユルヴェーダ的 体が喜ぶ食べ合わせ/嫌がる食べ合わせ

一度知ってしまったからにはねぇ。気になるじゃん。死ぬとか言われると怖いじゃない。
とりあえずギーとはちみつ一緒に使うのはやめるよ。
(ギー、これ調べる前に注文しちゃったよ…)

今回のターメリックラテみたいに鍋で加熱したりあつ~いコーヒーや紅茶に入れる場合はきび砂糖にした方が良さそうね。

まとめ

と、いうことで~
非加熱はちみつについてちらっと調べてみたつもりがどんどん深いところまでいっちゃって私の薄い知識ではもはやまとめられない状況にw
「らしい」とか「だ、そうな」ばっかで申し訳ない。

とにかくこの非加熱はちみつ、身体に良さそうとかよりもめんどくさそうの方が私の中では勝っておりまして、今はちょっと手を出す気にならないなあ。

とりあえず今回はいつものはちみつを買ってきました。
というかお店にはそれしか売ってないので。
ギーがもうじき届くけどはちみつと一緒にするならアイスじゃないと使えないなあ。どうしよ…

さて、ターメリックラテですけどもう作って飲んでます。
このラテも本やサイトによって一緒に入れるスパイスが違ってたりしてこれまた奥が深そうよ。
この話はまた次回にでも。

では、また。

▼参考▼