【別名:戒め手帳】ほぼ日手帳weeksが我が家で復活!支出管理手帳として活躍中




昨年意気揚々と購入したものの、使い方が定まらず放置状態になっていたほぼ日手帳weeks。
現在は幸せおとりよせ手帳とフランクリン・プランナーをメインとして活用していますが、お金に関する管理ができる手帳がありませんでした。

フランクリン・プランナーにも一応支出表はありますが、なんせ欄が狭い。

ほぼ日weeksと同じく使い道がなくなってしまっていたブラウニー手帳で試してみましたが、イマイチしっくりとこなかった。
次に、お買い物帳として運用「したかった」ほぼ日手帳を引っ張り出して、1週間お試し使い。

結果、使い心地が良いのか1ヶ月続けることができました。

月間ブロックは支出予定に

既に決まっている出費を先に書いておきます。
私の場合はスマホの通信代、Adobeの月額利用料、車の保険やハルさんの病院にかかるお金など。

買うことが決まっているものもあればそれの金額もだいたいでも良いので書いておきます。
カードの引き落とし予定金額も書いています。

給与など、金額がわかっている収入があればそれも書いておく。
収入は支出と区別をつけたいので色をつけています。

一言で言えば予算を立てるページですが、私もそんなにちゃっかりとはしてないので…

だいたい、「今月余裕ありそうだからあれ買えるな」とか「今月はこれだけ貯金できるな」とか「今月厳しいンゴ…」とか、その月のだいたいを把握できればいいやくらいの感じ。
このくらいアバウトな方がズボラな私には合っているようです。←重要

実際はこんな風に書いたりしなくてもその月の給与額で厳しいか余裕があるかぐらいはわかるんですけど、頭の中だけでそう思うのと視覚的にわかるようになるとではやっぱり違います。

週間レフトはレシートの書き写しに

週間の方にはその日実際に使った金額をメモ。
現金払いカード払い問わず、全部書きます。

いくらのものを買ったか(使ったか)、何故それを買ったのか。
何故それを買ったのか書くのは私の中で重要。

1日分の幅が狭いので一度にあれこれ沢山買った場合はどうするんだ…と思ったりしてますが今のところ一度に沢山買うこともなくて。
困ったら「◯◯、他」みたいな感じでまとめて書いてもいいやと。

右側のメモ欄は科目別のまとめに使ってます。
週の最後にちゃちゃっと。
買ったものをマイルドライナーで色分けしているのは、科目と関連付けて見やすくするためです。

最後に科目別にまとめよう、となったのはおそらく自分の仕事柄かと。
毎月、月のまとめで仕訳の間違いがないか科目や部門ごとに確認していくんですが、先月その作業をしている時に「あっ、自分もこれやればいいやん」と。

科目は自分がよく使うであろう項目を選んでます。
本当は雑費を入れるともっと便利になるんだけど…もうひとつ欄を作るかどうしようか。

とにかくこれで、科目別の支出合計とその内訳を見開きで見れるようになりました。

最後に欄外に全ての合計金額を書き、気になることがあれば書き留めています。
化粧品に金をかけすぎたとか服を買いすぎたとか。
ここの反省が次週の目標を立てる際の材料のひとつになります。

余談だけど春はやたら服とか化粧品買いたくなるんだよね。
秋はひたすら文具文具&手帳なのに春になると文具はどうでも良くなって服服&化粧品。
毎年こうなるんです。不思議ね。

まとめ

私が今までの人生で家計簿が続かなかったのは、めんどくさがりのくせに1円単位できっちり管理しようとしたり(できるわけがない)、繰越がどうとかとにかく細かくてめんどくさい作業がとにかくめんどくさがりな私には合わなかったのだと。

今のこのほぼ日は、お金を管理するというより何に何の為にどれだけ使ってしまったのかをはっきりさせて自分を戒めましょうという目的でやっています。

メインは金の管理ではなく戒めなのです。

結果、必要な計算はほぼ足し算のみ、日々レシートや注文履歴を書き写すだけの全く頭を使わない運用法となりまして。
頭使わないから続けることができてるんだなと。

巻末にメモページが沢山ありますけど、こちらはまだ使い方が決まっていません。
とりあえず毎月決まっている支出額を書いてたりしますが、ほぼ日は余計なページがない分メモページが豊富なもんですから持て余してしまいます。
別に書くことないならないで良いんだけどさ。

あっ、一度に沢山買って週間レフトに書ききれなかった分のレシート置き場にしても良いかな?
カード払いの明細置き場にしても良いな。

考えればあれこれ思い浮かぶもんだ。
とりあえずこうしてほぼ日を活用できるようになって良かったよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で