雑感

犬の恩返し

知り合いがラブラドールレトリバーを飼っておりまして。
そのラブラドールは今なんと、14歳です。
 
ここから先は知り合いを「Aさん(仮名)」、ラブラドールを「太郎(仮名)」として書いていきます。
 

 

太郎はもう年寄りで散歩も行けない状態だったのだけど、ついに足腰が立たず、人間で言う寝たきりに近い状態になってしまったそうな。
自分でご飯を食べることも、トイレすることもできない。
 
Aさんは栄養がつくようご飯を食べさせ(もちろん犬が食べても大丈夫なものです)、トイレも介助してやり、抱きかかえてマッサージしてやってると言ってました。「いよいよもうダメだな…」と思いながら。
 
この話を聞いたのが、先週のこと。
 
 
昨日Aさんにお会いしたので、「太郎、どうですか?」と聞いてみた。
そしたらなんと、ここ2,3日は自分の足でなんとか立てるようになったらしい!
すぐに地面にペタンとはなっちゃうんだけど、それでも少しだけ自分で歩けるようになったと。
 
 
ある日、Aさんが家に帰ると、一緒に住んでるおじいちゃんが押し車なしで外を歩いていたそう。
おじいちゃんは普段は押し車無しでは外絶対にを歩かないんだって。
びっくりしたAさんがおじいちゃんに「何してるんだ」って聞いたらね。
 
おじいちゃん、
「太郎が頑張ってるから、ワシも頑張る」って。
 
 
なんか、おじいちゃんが可愛くてちょっと笑っちゃったんだけど。
後からすごくじわじわきて(笑いじゃなくて感動の方)
 
太郎の「生きよう」「自分の足で立とう」っていう一生懸命な姿が、支えなしで歩くことを恐れていたおじいちゃんに勇気を与えたんだよね。
おじいちゃんもおそらく、太郎をずっと大事に大事に可愛がってきたのでしょう。
もしかしたら、これは太郎からおじいちゃんへの恩返しなのかも…ってね。
そんな風に思いました。
 
 
それにしてもラブラドールで14歳って聞いたことがない。年を聞いて驚きました。
大型犬は小型犬よりも短命なんですよ。
うちも昔ゴールデンレトリバー飼ってたけど、9歳で亡くなりました。

f:id:noephoto:20160705193850j:image

 
ラブラドールとかゴールデンの平均寿命はだいたい10年くらいじゃないかなあ。
 
 
彼とは一度も会ったことがないけど。
もし、最期を迎えることになってしまうのなら、それが彼にとって穏やかで幸せなものであって欲しいと心から願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

Push

  1. カメラと写真

    我が家の庭で花と野草を楽しもう
  2. ジブン手帳

    朝と夜の手帳タイムの流れ覚え書き
  3. ブログのこと

    【新月チャレンジ完了!】ブログのカスタマイズでお世話になったサイト様をご…
  4. 手帳

    【第3回手帳会議】2018年は「日記もかける家計簿」でお金のPDCA回してみる←…
  5. 暮らしと健康

    「思いのままに人をあやつる心理学大全」がネタなのか真面目なのかよくわからない件
PAGE TOP