【骨盤クッション】私の椅子生活事情【オットマン】

季節柄、3〜4月にかけては毎度のことながら体調が良くない。
季節の変わり目っていうのは、身体が気温の変化とかに対応するために内蔵がフル回転するので特別何もしてなくても疲れるし怠いし身体も重くて具合が悪いと感じる、らしい。

なので今は、この体調の悪さをいくら嘆いても仕方がないと。
それなりでやっていくしかない。

まあしかししんどいものはしんどい。
最近は椅子の上に座ってるだけでもしんどい。
椅子に座ってるしんどい→作業がはかどらない。

なんとかしなければ。

椅子生活をしている理由

元々はローテーブル派の私でしたが(だってコタツが欲しいしね)、2年前にそのローテーブルを取っ払ってL字デスクを置きました。

理由はただひとつ。
ハルさんがよじ登ってテーブルの上にある物をどっかへ持っていってしまうから。

私もズボラなもんですから毎度テーブルの上を片付けるのもめんどくさくて、その結果よじ登れないテーブルに変えよう!と思ったわけです。
おかげで冬は足元が寒くて辛い。
コタツぬくぬくが当たり前だったもんですから…

パソコンもテレビも手帳文具類ももちろんこのデスクの上にあるので、何をするにも椅子の上です。
しかし椅子の上から足を下におろして座っているのがどうにもしんどい。

結局狭い椅子の上で正座してたりあぐらかいてたり横座りしてたりで、姿勢が悪いから肩腰に結構負担が来るのね。

骨盤クッション

姿勢を正すために2ヶ月ほど前に買ったのがマーナの骨盤座布団(クッション)。

昨年から会社ではBody Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)」を使っていて、これがすごく良くてね。
本当はこれの小さい版が欲しかったんです。

でも小さい版もそれなりに高いんだ。
まあ、家用は安いやつでいいや…と。


尻周りがモコっと盛り上がっている形状。

座り心地は上々。
座った瞬間に尻の辺がキュッとして気持ちが良い。

それでも長時間座りっぱなしだとなんとなく疲れてくるので、そうなると結局クッション取ってあぐらかいてます。

あれっ?これじゃ意味がないのでは…死
でもまあ、骨盤矯正なので座らないよりはマシだよね。
ていうかたぶん座りっぱなしも良くない。

オットマン

そうそう、椅子に座ってて足を下におろしてるのがしんどいんです。
さすがに会社ではちゃんと足は下におろしてますけど。

椅子に座ってる時、足がだるくなりませんか?
足置きグッズが色々あるくらいだから、きっと皆そうなんだろうと思っておく。

オットマンを買ったのはつい先日のこと。
…実は、椅子座りがあまりにも辛かったので、ベッドの用のテーブルを買おうと考えていたのです。
なんかこの、介護用みたいなやつ…

入院中を彷彿とさせるスタイル。

でもこれはさすがにちょっとなあ。
だし、ベッドに座って机を置いて書きものするシミュレーションもやってみたんですけど、尻が沈んで確実に腰を悪くしそうだった。

背もたれがあったりそれこそ介護用みたいに背中のとこがウィ〜ンと上に曲がるようなベッドなら話は別かもしれんけどね。
私のベッドはそうゆうのじゃないんで。

と、いうことでこれは却下。
じゃあ脚を伸ばせる物を!で行き着いたのがオットマンでした。

オットマンも色々ある。
スツールタイプのものとか。

スツールタイプはオシャレなのもたくさんあっていいなあ〜と思ったんだけど。
やっぱり高さ調整できた方が良いし掃除の時に動かすのが楽な方が良い。

ということで事務室にありそうなタイプのこちら↓を購入。

座面がふかふかしていて◎。

これ、ちょっと傾斜がついてるんですよ。
どっちでも座りやすい方を奥にすればいいんだけど私は高くなってる方を手前にした方が気持ちが良い。
オットマンいいね!脚がすごく楽チンだわ。

でもしばらく脚を乗せてると、なんだかちょっと脚がしびれてくるような…
友人に話したら「それわかるわ」って言われたんだけどそうゆうもんなのか?
もうちょい高さを下げた方がいいかしら。
でも多少高い方が最初は気持ちが良いんだよなあ。

とにかくこれでまた作業が快適になりました。
めでたし。

自分がラクできる方法を考える

季節の変わり目だとか低気圧が激しい時の体調不良っていうのは、自分の努力体力ではどうにもできないものなんだと思う。
別に風邪引いてるわけでもなし、薬飲んだところで良くもならない。

そこへ立ち向かうよりも「どうしたら今の体調とうまく付き合えてラクができるか」を考えた方が良いかなと。

体調の降下を想定して予定の立て方を変えてみたり。
便利グッズを駆使してみたりですね。

便利グッズもそんなに高いお金を出さなくても、探すとあれこれ出てきますのでね。
自分の身体と相談しながら、自分をラクさせてあげられる物を是非探してみてくださいな。