わたしのジブン手帳、理想と現実の差を可視化するツールへ進化する

こんちは、のえ(@noebox)です。
今日はちょっと久々に手帳の話をしてみようとか思ってます。

以前、こんな記事を書いたんですけどね。

 

その後少しやり方を変えてみたところ、どうやらこれがドンピシャだったようです。
使い方が変わったのは、私の中でのツートップであるジブン手帳とシステム手帳。
今日はジブン手帳の話からしたいと思います。

今までのジブン手帳は「ログ専」

2014年版から浮気を挟みつつもジブン手帳を使っているんですが、これまでの私のジブン手帳はログ専、つまり1日の記録と結果のみを書くためのツールでした。
ジブン手帳には予定を書くということはしてこなかったんです。

これもそもそもの始まりが心療内科から出されていた課題なので、自然とログのみという書き方になってたわけですが。

 

ジブン手帳に関してはずーっとこの書き方でやってきたのでね。
他のやり方を思いつかなかったというより考えもしなかったのだと思います。

同じ場所に予定とログを書き込もうなんてことはね、私の頭の中には全然なかった。

私のスケジューリングを変えた手帳セラピー

今年に入ってから興味を持ったのが、さとうめぐみさんの「手帳セラピー」です。
ペンを5色も使い分けてさぞ紙面がチカチカするかと思いきや、そうでもないんだこれが。
むしろ非常に見易くなって。

最初はやり方云々というよりも、本の解説がとても丁寧で実践しやすかったのだと思います。
その後に4月〜5月の間に実施された「WEB版手帳の学校」も受講しました。

予定を立てるという作業が大変苦手だった私ですが、実践していくうちに1週間の予定が立てやすくなっていくのを感じました。
週次レビューにかかる時間が以前よりも短縮されたのです。

考えてみたら、手帳セラピーを始めて以降は「同じページに予定とログが混在」していたんですね。
予定とログが隣り合わせに記入されていることで、予定という名の「理想」とログという名の「現実」の差を可視化することができる。
それが次に予定を立てる際にすごく役立っているのかもしれません。と、自分では思っている。

現在のジブン手帳

最初はなんでもそのとおりにした方が良いだろうと思い、手帳セラピー専用の「幸せおとりよせ手帳」を使用していました。

 

最初は良かったんです。が…
紙が薄くてマーカーが裏抜けしやすいこと、B6サイズが若干狭く感じることなどなど、使っているうちに不便が生じるようになりました。
24時間軸でないところも使いにくさを感じた原因かな…私にとって睡眠の記録は大事なところなのでね。

ということで、紙良しサイズ良し24時間軸であるジブン手帳を使うことになりました。
このジブン手帳はもちろん今年もログ専として使ってきましたけど、ここに予定も盛り込んでいくことに。

ウィークリーページに予定を書き込む

見本として書いたものなのでちょっとテキトー感ありますが。
まずは毎週末に行う週次レビューにて、1週間の決まっている予定やタスク、やりたいこと、「こうできたらいいな」の未来宣言を書き込んでいきます。

 

一番上にある日付の横には現在の目標を達成するためのタスク。
目標に関することなのでオレンジ色で書いてます。

その下には各日の願望とも言える未来宣言。ワクワク系なので緑色のペンで書きます。
内容は予定に合わせて無理のない願望を。

時間軸には普通に予定やタスクを書き込みます。
横には後で実際のログを書き込むので、なるべく左に寄せて書いてます。
毎日のルーチンタスクも全部時間軸の中に書いてます。その方がどのくらいの空き時間が出るかわかりやすくなるので。

左サイドのスペースには日付は決まってないけど今週のうちにやること、絶対やらないといけないわけじゃないけどやれたらいいなーというタスクを。
下の方には、週末に振り返りのひと言を書くスペースも空けておきます。

同じ場所に毎日のログを

さて、その後は毎晩同じページを開きその日のことを記入していきます。
見本書きがめんどくさくて3日分で力尽きました…

 

ペンは予定を書く時と同系色のパステルカラーを使用しています。先週から使い分けるようになったんですけど、ただ左右で書き分けるだけよりもこっちの方が後で見やすいです。

赤色は体調関係で基本後書きなので赤のままで。
雑用の黒も分けたくて、でも変わりになる色のペンがなく…
濃いめのグレーのペンを探してるんですけど何か良いやつないかしらねぇ。

 

さて、まずは時間軸にその日のログを記入していきます。何時に風呂とか細かいことも書いてます。
微妙に予定と時間がズレたものは基本そのままにしてますが、大幅にずれ込んだりやらなかったことは二重線や✕などで見えるように消して、実際に行った時刻のところへ記入。

緑で書いた未来宣言。宣言したとおりになったかな?
なっていれば上から緑のマーカーを引きます。

時間軸の下のスペースには「行動・結果・学び」のプチ内観を。
手帳セラピーではなるべく完結に記入するようにとのことで、できるだけ短い文章にまとめます。

…お?手帳セラピーでもうひとつ重要なものが無いぞ?
そうです、「ハッピーマイレージ」です。

マンスリーに「ハッピーマイレージ」

スペースがなくウィークリーに書けなくなった「ハッピーマイレージ」
これは今まで持て余しまくっていたマンスリーの方へ記入してます。スペース的にも丁度良いです。

 

◯が豊かさのギフト。お金に換算できることを書きます。
♡がハッピーギフト。お金には変えられない、嬉しかったことを。
逆に自分から何か贈り物をしたとか人に喜ばれることをした場合は、●、♥という風に書き分けます。

本当はこれもウィークリーの方に書きたいんですけどね。
でもこれはこれで、嬉しかったことや自分のした良い事がずらっと溢れるページになるので、それは良いことなのかなと。

ガントチャート

ここはずっと体調の記録に使っているので特に変化はないんですけど、先日のメニエール疑惑をきっかけに少し項目を追加しました。

文章で体調を記録していくより、こうしてチャート式にした方が後で見やすいです。
ここは月次レビューの振り返りで使うのでね。さっと見れた方がいい。

使ってないページにワクワク・欲しいものリスト

マンスリーページもそうでしたけど、実はジブン手帳ってウィークリーページ以外はほとんど使えてなかったんですよねえ。
もったいなあと思いつつ…

ということで、そこへ無理矢理!ワクワクリスト&欲しいものリストをねじ込む形にw

 

ワクワクリストには、やりたいことの横にまず何をするべきかも記入。
欲しいものリストは本当に必要かどうかを少し時間をかけて考えるよう、無駄遣い防止の意味も込めて書いています。まあ、無駄遣い…無駄遣いはしちゃうんですけどね…
両方とも自分がワクワクすることなので緑色のペンで書くというわけです。

まとめ

以上が現在ののえ的ジブン手帳の書き方、です。

本当は、このウィークリーだけ独立させたいんですよね。ハッピーマイレージもやっぱりウィークリーの方に書き込みたいんです。
しかしそうなるとノートに自作するという手しかないわけです。
自作は体力気力共に余裕がある時でないとほんとしんどいんで…と思いつつ、24時間軸用のハンコとか便利なやつないかなと探したりしてますが。

さてさて、ジブン手帳の使い方が変わると同時に、持ち歩きのシステム手帳の方も自然と使い方が変わりました。
システム手帳の方はこれまでもやり方が定まらずフラフラしてたんですけどね…

ということで次回はシステム手帳の話をしようと思いまーす。
では、また。