うさぎ

もしもハルさんが10歳まで生きたら

近所の猫様が19歳になってた

一昨日の晩、近所のお姉さんが区費を集めに我が家にやってきました。私、久しぶりにこのお姉さんに会ったんですね。もしかしたらまともに喋ったのは中学生の時以来かも(近所の人なのに…)

で、この時ちょうどハルさんを放牧してて、ペットの話になったんです。お姉さんのお宅で白い猫を飼っていたというのは、うっすらと記憶にあったのですが。

まだ生きていて。

19歳だと。

猫ってそんなに生きるのか…という衝撃。

今は腎臓があまり良くなくて病院通いしているものの、普段はまあ元気だと。
高齢なので、元気がなくなったというかちょっと弱くなってきたかな…という時期もあったが、エサを良いものに変えたらすごく元気になったそうな。

うちも病院の先生からいつも言われてるし先日ここにも少し書いたけど、エサ選びって本当に大事です。お金がかかるからといってケチってはいけないね。

ペットの長生きに伴う不安

なんだかんだご隠居も13歳ですけど、ネット見てると結構いるんですよ。13歳とか14歳とかいううさぎさんがわりと出てきます。
うさぎの平均寿命も上がってきていて10歳までは余裕なんて言われてますけど、実際は「10歳超えはかなり特別な例」だそうで。ご隠居やネットに出てる後期高齢うさぎさんたちはほんの一握り程度らしいです。

ご隠居はさすがに若い時みたいにバタバタ走り回ったりいたずらしたりはしませんけど、逃げ足は速いし足腰の方はまだ大丈夫みたいです。

10年生きたフェレットの話

ハルさんも今年の9月で7歳。
「この子は8歳までいけそう」なんて言ってもらってるんですが、病気もありますし正直言ってどうだろうなあ…
ちなみに8歳まではわりと生きるけど、9歳超えるとなるとなかなか居ないらしい。

10歳を超えたフェレットの話を聞いたことがあります。

最後の方はそれはもう24時間完全介護状態で、足腰が弱って自分でトイレに行くことすらできない。
オーナーさんは相当大変だったが、相当頑張っていたと。
この話を聞いて、色々考えてしまった。

そりゃやっぱり、長生きはして欲しいと思う。
ただ、完全介護状態になった時にこのオーナーさんのように満足な介護をしてやれるだろうか。
仕事をしながらしっかり面倒を見ることができるのだろうか。
今だって一緒にいてやれず不安になることがしょっちゅうです。

これは人間もそうだけど、あまり長生きし過ぎるのも考えものだなあって思うのです。ある程度のところで人生を終えてしまった方が幸せなこともあるかもしれない。
あるよね。私だって下手に長生きしてボケたりするよりかは、自分なりにもういいかなってところで人生終わりにしたいなあって思うもんな。

ハルさんと、ご隠居。
彼らが苦しい思いをすることなく最期を迎えるにはどうしたらいいだろうかと、最近よく考えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

Push

  1. 手帳と文具

    「嫌なことノート」でストレスフリーに生きるヒントを探してみよう
  2. 手帳

    アナログとデジタルをうまく併用できたら互いのデメリットを補えるのにな
  3. 手帳と文具

    ヌルッと感が最高に気持ちイイ!PILOTのゲルインキボールペン「juice UP…
  4. ジブン手帳

    トモエリバーとジェットストリームは仲良くなれないと思ったおはなし
  5. 手帳と文具

    パステル系のペンを買うと黒地のノートを使いたくなる…PILOT「ブラックノート」…
PAGE TOP