身体に優しい時間術「15・45・90の法則」をポモドーロアプリ「Flat Tomato」で実践してみたよ




 

・熱中すると時間を忘れて延々作業を続けてしまう→疲れる
・作業の合間に気が散ってさっぱり集中できない→作業進まない
・よそ事ばっかして仕事が終わらなかった罪悪感→疲れる

これが私です。

さてさて、世の中様々な時間術という名のつくものが溢れておるわけですが、「15・45・90の法則」というものをご存知でしょうか?
今日はこの時間術と、実行するための補助的アプリのおはなしでございます。

「神・時間術」を読んで

「15・45・90の法則」とは、樺沢紫苑氏の著書「神・時間術」に出てくる時間術です。

この本では「時間=人生の通貨」と考え24時間をどんな風に使いましょうかっていうことがテーマにされているんですが、最初から最後まで一貫して「どれだけ集中できる時間を生み出すか」に焦点が当てられています(と、私はそう感じた)

その中で、ひとつの集中する方法として挙げられているのがこの記事のテーマの「15・45・90の法則」です。

簡単に言うと

  • 15分=深い集中力が持続する時間とし、これを1単位で考える
  • 45分=15分✕3セットのリズムとして考える
  • 90分=45分を2ブロックとして考える

と、こうゆうわけです。
15分作業にウワーーーっと熱中し、ちょっと休憩してまた15分ウワーーーーっと集中。
3セットで45分やり終えたらちょっと長めの休憩をしてみたり、次からは別の作業をしてみたり。

45分っていうのは人間が集中力を持続させることができる時間はせいぜい40分程度ですよってところからきています。
例えば小学生の授業の1コマは45分だし。
サッカーの試合は前半後半それぞれ45分です。トータルで90分。

サッカーに関しては見る側も45分間ガッツリ応援してハーフタイムで休憩するのと、ハーフタイムなしで90分ぶっ通しで応援するのとでは後の疲れが全然違うはず。
もちろんやってる選手側も、90分休み無しで試合するとか無理な話でしょう。

私はサッカーはあまりわからなくて(でも昔はビスマルクとかレオナルドとか好きだったんだよなあ)今は野球を好んでテレビで見るわけですが、45分とか90分とか決まってるわけじゃないですけど攻守の交代だったり選手の交代だったりする時に一息つく時間がありますよね。
そうしてちょこちょこ休憩を入れてるから、長い試合でも最後まで一生懸命応援できるわけです。
日付が変わりそうなほど長い試合はさすがにくたびれますけど…

本の中でもこうして様々な例が挙げられていますが、90分に関しては体内時計との関連性も挙げられていたりで非常に興味深い。そしてこの時間の法則に納得させられます。
「007」のボンドガールお色気挿入シーンにまで絡めていて笑っちゃったんだけどしかし納得。
映画はテレビドラマ等と違ってCMという名の休憩が入りませんから、どこかで一息つくシーンがないと観る側は見終わる頃には結構疲れるもんです。最悪見終わる前にくたびれてきたりとか結構あるよね。

こんな感じで作業を長々と続けて後で疲弊するよりも、疲れる前にちょこちょこ休みながら作業をした方が疲れませんよラクですよ、というわけです。

よし、やるぞ。

実践補助にポモドーロタイマーアプリ「Flat Tomato」

「神・時間術」の中では、音の鳴るタイマーよりもストップウォッチがオススメされています。
ですがワタシ的にはですね、ストップウォッチだとやたら時間を確認したくなって気が散りそうだなあと。
そしたらやっぱりタイマーでお知らせしてくれた方がありがたい。

でもいちいち15分経つ度にタイマーセットするのめんどくせ…と、いうわけで。
「Flat Tomato」というポモドーロアプリを導入してみました。

Flat Tomato (Time Management)
Flat Tomato (Time Management)
Developer: Jian bu
Price: Free+

 

導入してみましたと言っても、実は前から使ってたんです。
ですが、ポモドーロという時間術は25分作業→5分休憩を4セットというサイクルが基本。
私もこれまではその通りにやってきました。

が、気が散りやすく集中力が皆無(会社にいる時は特にね…)な私にとっては、たった25分間集中することもできなかった。我ながらほんと酷いなと思う。
そんなわけでまあ、使ったり使わなかったり…ね。

時間のカスタマイズができる

先程も述べたように、ポモドーロは25分作業の5分休憩を4サイクル、が基本。
この時間をカスタマイズしちゃいます。

今回は「15・45・90の法則」を実践したいので

  • 仕事時間・・・15分
  • 短い休憩…1分
  • 長い休憩…5分
  • 1サイクル内の作業数…3回

 

こんな感じで設定しました。

作業開始時には終了時刻を記載した通知が。
終了時には「◯分休憩して◯分からまた始めるよ〜」と記載した通知がきます。

作動してる時の画面はこんな感じ。
時計になっているので見易いです。

作業終了1分前に音とバイブで知らせてくれる

これは要らないようで実は素晴らしいよ。
学生時代のテスト中、教師から「残り◯分〜」とか言われると突然集中力が蘇って1、2問手をつけることができたなんていう経験はありませんか?
夏休みの宿題、溜めて溜めて最後に2日3日で気合いで一気にやったりしませんでしたか?
今だったら〆切前になって本気出すとか、そんな感じですね。

残された時間がわずかになると、人は想像以上の力を発揮することがあります。
火事場の馬鹿力ってやつです。
「Flat Tomato」の終了一分前のお知らせは、この火事場の馬鹿力を引き起こしてくれる素敵な機能だと思います。

もちろんこの機能は設定で解除することもできます。

マナーモードで音無し通知してくれる

当たり前にありそうな機能なんですが…
なんかね、音無しで通知してくれるポモドーロアプリってあんまり無いらしい。

ポモドーロテクニックの iPhone アプリ flat tomato が素晴らしい

でも音が出ちゃうと会社で使う時とか困るじゃない。
でも通知がないと使う意味があんまりない。

この無音機能があるってだけでも、ワタシ的にポモドーロアプリはほぼこれ一択になります。

有料機能ですが…カレンダーでその日のログを確認できる

この機能がデフォルト装備でないという点がこのアプリで唯一残念な点かもしれません。
カレンダーにて、その日の作業時間のタイムラインと円グラフをチェックすることができます。

   

あと、これは「Todoist」というタスク管理アプリを使ってる方限定になりますが、有料プランにすることでTodoist内のタスクを自動で読み込めるようになります。

 

まあ無料でも読み込めるには読み込めるんですが…手動です。
タスクひとつひとつを自分で登録しないといけない。めんどくさい。

iPhoneカレンダー、iPhoneリマインダー、Evernoteとの連携もできるよ。
私は使ってないけど。

まとめ

さあ、「15・45・90の法則」を取り入れてみてどうなったかというと、とにかく15分集中してやればいいってことで作業中によそ事する回数がだいぶ減ってきました。
作業中に何が頭に浮かんでこようと、とにかく15分我慢すればいいんです。15分だけ我慢して作業に集中する!
15分経ったら、その頭に浮かんできたことを処理すればいいので。

そして小さい休憩の重要さも再認識しました。
私は15分と15分の間に1分っていう超短い休憩時間を設定したわけですが、たった1分間でもパソコンの画面から目を離したり立ち上がってみるだけでも全然違うのです。
仕事が終わってからの疲れ具合は、この法則を実践してみる前に比べたら随分マシになってきたなと。

休憩のしどころがわからないとか気がつくとダラダラ作業しっぱなしになってるとか、集中力がなくてしょうがないっていう方には是非試してみてほしいなあと思います。

では、また。