【気合いは不要】ラクするためのバレットジャーナル




こんちは、のえ(@noebox)です。
前回のジブン手帳の話に続いて、今日はシステム手帳について少々。

今回のテーマはタイトルのとおり「ラクするためのバレットジャーナル」です。

過去のシステム手帳の中身

私のシステム手帳、何度かこのブログでも記事にしてきましたが。

最近バレットジャーナルを始めた私のシステム手帳の中身晒します

マンスリーはフランクリン・プランナーのデイリーリフィルでずっと落ち着いています。
とっても使いやすくておすすめなのです。

どころがデイリーの方は、書き方もアイテムも定まらずフラフラ…

最初はデイリーよりもウィークリーでやりたくて、でもバイブルサイズの既成ウィークリーはだいたい土日を半分のスペースに端折られてますよね。
これが嫌でなんとか自作をと思ったんですが、作れはしたもののやはり各日のスペースが狭すぎて辛かった。

ウィークリーを家置きの手帳に書くようになってからは方向転換。
ウィークリーからデイリーリフィルに毎朝その日の分を書き写すスタイルに。
使用したのはこちらもフランクリン・プランナーです。

手帳が分厚くなるのを覚悟しての1日2ページタイプでしたが、一ヶ月分挟んだだけでもう手帳がパンパンwで、リング開けた時にリフィルがバサッと溢れ出てしまうくらい。
容易にリフィルの入れ替えが出来るのがシステム手帳の魅力のひとつなのに、これではリング開けるにも気を遣ってしょうがない。

でも1日2ページという形式はとっても使いやすかったし、これのおかげで「毎朝ウィークリー→デイリーへ書き写す」という自分のスタイルが定着しました。

現在のシステム手帳

システム手帳はもちろんいつも持ち歩くんですが、フランクリンプランナーを挟んでパンパンになってる時にふと思ったんです。

「先の予定はマンスリーに書いてあることで把握するだけで十分ではないのか?」

「持ち歩きの手帳はその日やることがわかるだけでも十分では?」

そんな考えから辿り着いたのが「ただの箇条書き」でした。
またバレットジャーナルに舞い戻ったのです。

バレットジャーナルの基本の「基」

バレットジャーナルといえばみなさんいろんなフォーマットを考えて作っていらして、そして素敵なカリグラフィーであったり素敵なイラストであったり、ネット上でも様々なページを見ることができます。
未だに眺めては「素敵だなあ、こんな風にできたらなあ」と思ったりするもんです。

そしておそらく、そうゆうオシャレに作り込まれたバレットジャーナルが「主流」と思われてるんじゃないかなと思います。
私も真似してやってみたものの…体力気力、そして時間も必要であることがわかり挫折。

別にバレットジャーナルを作りこんでる人たちを否定してるわけじゃないんですよ。
あれはひとつの素晴らしい趣味だと思う。ていうか私もやりたいんだけど。爆
でも今は、自分が時間をかけるべきはそこではないという結論に達したわけです。

で、も〜。待てよ待てよ。
バレットジャーナルってオシャレに作らないといけないものなのか?
いろんなページ作っておしゃれな字でタイトル書いたりかわいいイラストで飾ったり素敵なトラッカーやウィークリーやデイリーを作ってみたり…
それをしないとバレットジャーナルと言ってはいけないのかな?

そうゆうわけではない。と、思う。
バレットジャーナルの基本は「箇条書きする」それだけなのでは?

自分の使いやすいキーを設定し、その日やることや予定を日々箇条書きで書いていく。
それでいいんだよね?

キーとデイリーの箇条書きだけ!

ノートの場合はインデックス作ったりノンブル振ったりも必須になるかと思いますが、私の場合はシステム手帳なのでどちらも不要。

キーは箇条書きタスクを見やすくするための大切な記号です。
しかしキーもたくさん作るとごちゃごちゃしそう(というより覚えられない)ので、必要なものだけ。

 

手帳セラピーの5色使いはここでもやります!

そしてデイリーの方はこんな感じで、ほんとにただの箇条書き。

 

タスクや決まってる予定は毎朝ウィークリーから書き写して、あとはメモ等をその都度書き足していく。
書く場所がどこかとか気にする必要もないしきれいに書く必要もない。ひたすら下に書いていくだけなので。

ラクです。ものすごくラクです。
頭につけるキーや、私の場合5色分けしていることもあって週次レビューの際もグンと振り返りがしやすくなりました。

バレットジャーナルって本来は「ラク」であるべきなんじゃないのか?
そんな風に思いました。

ちなみに現在デイリーに使っているリフィルはノックスの方眼です。
うっすらとしたクリーム色で薄くて嵩張らず、サラッとした書き心地で手が疲れにくいのが魅力です。

まとめ

すごく楽しく作り込まれているバレットジャーナルが溢れている中、こんなものを「バレットジャーナルです」って言って良いのかという不安もちょっとありつつ…
でも「そんなに気合い入れて始める必要はないよ」というメッセージも込めつつ、この記事を書かせていただきました。

もう少し自分の中に余裕ができたらね…オール自作手帳、やりたい。
自分で作った手帳で書き書きできたらどんなに楽しいかと。想像しただけで楽しいもんね。

だけど今の自分に合ってるのは、こんな簡素なやり方であるってことで。

来年の今頃はガッツリ作り込んだバレットジャーナルをここで披露してるかもわからん(願望)
では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で