すっかりヨガにはまったのでついにポーズ集に手を出したおはなし




すっかりヨガが日課になっているのえ(@noebox)ですが、ひとつひとつのポーズをもっと勉強したい…というか、どのポーズはどこに効くかとか、どこにポイントを置くべきかとかもっと知りたいなと思いまして、ついに本を購入しました。

「これ1冊できちんとわかるヨガ」

最初に買ったのがこちら。
綿本ヨーガスタジオのRIEさん監修のポーズ集です。

ポーズだけでなくヨガの歴史、流派、理念、チャクラの解説に用語集も掲載されてます。
これといったヨガの知識もなく教室に行くでもなく、動画を見ながらただなんとなくやってみていた私にはすごくありがたい内容でした。
調べるといっても最初は何から調べていいのかわかりませんしね。

ポーズの解説も意識するべきポイントや注意点、各ポーズの呼吸のタイミングまで細かく載っていてわかりやすいです。
インデックスはポーズの写真付きで、ポーズの名前がわからなくても探せます。

掲載ポーズは94種。
94種も載っていれば充分だろう、と思ったのです。買った時は。
ところがこの後、もう1冊買ってしまいました。
何故この1冊で終わらなかったのかというと…

毎日のヨガでお世話になっている「Wellness To Go」さんのプログラムに出てくるポーズで載っていないものがいくつかあったのです。

朝夜ヨガで1日のスタートとリセットをしてみないか?

2017.05.02

ヨガのポーズ、どんだけあるんだと驚いたものです。

「いちばんよくわかるYOGAポーズ全集」

今度はたっくさんポーズが載ってるポーズ集を購入。
掲載ポーズは176種!こちらはヨギー・スタジオの今津貴美さん監修のポーズ集です。

176種も載っているだけあって、先に買った「きちんとわかるヨガ」に載ってなかったポーズもしっかり載っていました。
こちらもひとつひとつのポーズが丁寧に解説されています。
「これが難しいならこのポーズも有り」みたいな感じで同じページに別のポーズの紹介が載っているのが嬉しい。

各ポーズの呼吸のタイミングは載ってないんですけど、別ページでどんな時に吸ってどんな時に吐くかという目安の解説がありますので無問題。
インデックスはこちらもポーズの写真で探すことができます。

ヨガのポーズ以外の知識も充実していた「これ1冊できちんとわかるヨガ」に比べると、こちらはよりポーズに特化した内容になってると思います。
ポーズ以外の知識はそんなに要らないからとりあえずいろんなポーズを練習したい、知りたいという人向け。
そうゆう意味ではこちらの方が私みたいな初心者さんに向いてるのかなと思います。

番外「自律神経どこでもリセット!ずほらヨガ」

こちら、買ってないんですが(死)立ち読みしてみたら予想に反してすごく素敵な内容でした。

興味はあったものの「ずぼらヨガ」というタイトルから「ちょっとテキトーにかじってやってみる程度の内容なのかな…」という印象があって、ガッツリポーズを勉強したいという私の希望からは少し逸れてるのかなと思い購入には至らなかったのです。

その後本屋さんで見つけて初めて立ち読みしてみたら、いやいやとんでもなかった。
この本のタイトルの「ずぼら」は決して悪い意味の「ずぼら」ではありません。テキトーではありません。

ポーズは写真ではなくイラストで紹介されているんですけど、まずこのイラストがわかりやすい。
描かれている角度もすごく良いのです。わかりやすいのです。
どんな時にどのポーズをやるか、どこに効くか、各ポーズの呼吸の仕方も書かれていて、紹介されているのはマットやブロックがなくても良い、まさに「どこでもできる」ポーズ。
会社のデスクでもよしトイレでもよし、家でも出先でもほんのちょっとの隙間時間を活用してできるものばかり。

これ、描かれている方が病気してた頃の私みたいな人で、ヨガを始めてどんどん体調が改善されていってできなかったことができるようになって薬も要らなくなって…っていう、そんな経緯が載っているのも説得力があります。それも漫画なので、読み物としてもすごく楽しい。

興味はあるけど続ける自信がないからマットとか買うのも気が引けるとか、毎日バタバタしていてヨガのために10分も20分も時間取るのめんどくさいわという方もこの本に紹介されているポーズならすぐできます。
サッと見てみた感じ、小難しいポーズやヒーヒー言いながらやるポーズはそんなに載ってなさそうだし。
作業の合間のストレッチ程度にやってみたいなとかそうゆう方に丁度良いかと。

最近うちの母が体が痛いだの怠いだのと言っておりまして、夜ヨガに誘ってみて一緒にやっては見たもののあんまりパッとしない感じだったので(笑)この本に載ってるものなら忙しくてもちょこちょこできるし、買って渡してあげようかなとも思ってます。←ついでに自分も読む気

2冊もポーズ集を買ったのはムダだったのか

ポーズ集なんか2冊も買っちゃって勿体なかったと思っているかというと、そんなことはない。
ポーズがたくさん載ってる「ヨガポーズ全集」に載ってないポーズが、掲載ポーズが少ない方の「きちんとわかるヨガ」に載ってたりするんです。
この2冊でうまいこと足りないポーズを補い合えてる感じなので、どちらも机の上に置いてます。

動画を見ながらやってみて、これよくわかんなかったなというポーズはすぐに本で調べて時間があればそこだけすぐに復習するようにしています。
ネットでも調べれば出てくるんでしょうけど、何て名前のポーズかすらわからないものもあるのでそれだとどう検索していいやらわからない。
ポーズ写真から検索できる本はやはり便利だしアクセス早いです。時間がムダにならない。これはデカイ。

何より買って良かったと思うのは、勝手にポイントを勘違いしてやってたポーズがたくさんあったということに気付けたことです。
上向きの犬ポーズやダウンドッグなんて楽するためのポーズと思ってやっていたのに、解説見ながらやり直してみるとじわっと汗をかくようなポーズだったりしてね…
なんだかまた振り出しに戻った感じで、それはそれで楽しくやってます。

まあ…家でやってるだけとはいえズブズブはまってきてます。
自分から身体を動かしているという自己満足もあり、実際やっている間は身体も気持ちいいし少し汗もかけるし、良いこと始めたもんだなって自分で思ってたりします。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で